205系5000番台
トップページ鉄道写真図鑑JR通勤型電車205系>205系5000番台
205系0番台500番台600番台1000番台(東日本)1000番台(西日本)1100番台1200番台3000番台
      3100番台・5000番台
 2002年登場。老朽化した103系を置き換える為に、総武線・山手線から転出した205系を武蔵野線に転用した車両である。他線区へ向けての改造もあり電動車が不足した事から4M4Tの8連を組成したが、京葉線や武蔵野線に存在する勾配区間でも6M2T相当の加減速性能を求められたため、他の線区の205系とは異なり電動車の電装品が換装され、制御方式がIGBT-VVVFインバーター制御へと変更されている。また主電動機も新規製作されたものへと取り換えられており、これらの結果4M4Tながら従来の6M2T編成と同等の性能を得られるようになった。これにより番台が5000番台へと変更されているが、なんら改造を受けていない付随車及び制御車に関しては改番はなされていない。ただし、全車とも車内袖仕切部分に風除けが新たに設けられており、この点は変更点となっている。尚、余剰となった電装品の一部は、2002年に製造された253系200番台へと転用されている。2006年までに8連35本が用意された他、2008年には京葉線で余剰となっていた1本を追加改造した為8連36本の陣容となり103系を全て置き換えた。以来元からいる205系と共に、武蔵野線の主力車両として活躍していたが、山手線へのE235系投入に伴う一連の車両転配によりE231系・209系500番台によって置き換えられることになり、2018年から廃車が始まっている。廃車後は全車両ともインドネシアに譲渡される。

 2014,03,16 国 立


■Variation
 このM35編成は元々武蔵野線に在籍していた車両のみで組まれていた編成ではあるが、車両転配の都合から中間電動車ユニット2両が付随車と差し替えられ、4M4Tとなったために存置された電動車ユニットがVVVFインバーター制御方式へと改造され5000番台へと編入された。尚、この際に差し替えられた中間付随車は山手線からの転属車両となっている。

 2011,08,06 新木場
 末期のM35編成。205系5000番台は2014年初頭から行き先表示器の換装が始まり、換装された車両は209系と同じくLED式の表示器となった。同編成はこの前面を有する編成としては最初に運用離脱し、インドネシアに譲渡されている。

 2014,08,24 舞 浜
2019/08/31