205系1200番台
トップページ鉄道写真図鑑JR通勤型電車205系>205系1200番台
205系0番台500番台600番台1000番台(東日本)1000番台(西日本)1100番台・1200番台・3000番台
      3100番台5000番台
 南武線では103系を置き換えるべく山手線から205系を転用させることとなったが、編成の短縮に伴い先頭車両が不足することから、サハ205形に運転台を取り付けた制御車を連結した編成も5本用意されることとなった。これにより、南武線用に2004年以降に先頭車化改造された車両が1200番台である。つまり1200番台という区分はクハのみの設定であり、中間に連結されている車両の車番は変わっていない。1100番台など同様の前面になっており、黄色・オレンジ・ぶどう色の3色のラインが配された南武線仕様となっている。尚、他の路線では原型車、先頭車化改造車のいずれかで占められており、両者が混在している路線は南武線が唯一である。当初の計画通り5本が投入されたが、仙石線の103系置き換えのために1本が離脱しておりE233系導入開始までは4本の在籍となっていた。通常の205系編成に比べて少数派の存在だが、他の車両とは共通して運用されていた。E233系導入後は運用の離脱及び廃車が始まっており、1200番台が連結されている編成は廃車に際してインドネシアへの譲渡は行われず長野総合車両センターまで回送されている。南武線の205系で最後まで残った編成はこの1200番台を組む編成だったが、同編成も譲渡されずに廃車されており、1200番台は廃区分番台となっている。

 2012,01,03 尻 手