205系3000番台
トップページ鉄道写真図鑑JR通勤型電車205系>205系3000番台
205系0番台500番台600番台1000番台(東日本)1000番台(西日本)1100番台1200番台・3000番台・
      3100番台5000番台
 2003年登場。老朽化した103系3000番台、3500番台の置き換え用に、山手線から転出した205系を改造した車両である。全車中間車からの改造であり、先頭車の運転台は新設されている。比較的寒冷地を走行するために耐雪ブレーキやヒーターの追加設置がなされ、半自動開閉用の押しボタンが設置されている。また、バリアフリーの観点から種車には存在しなかった車椅子スペースも追加設置しているが、それ以外には車内に大きな変化はなくトイレも設けられていない。2005年までに4連5本が改造され、全て川越電車区に配置された。尚、本来はあと2本改造されるはずであったが、その分は209系3100番台にまわされることとなり、それ以上の増備はなされずに終わった。209系と共に主力車両として使用されていたが、2018年より209系・E231系の転入に伴う置き換えが始まり、同年7月に全編成運用を離脱した。このうち一部の車両は富士急行に譲渡されており、6000系6700番台として引き続き使用されている。

 2011,08,22 高麗川


2019/08/31