205系3100番台
トップページ鉄道写真図鑑JR通勤型電車205系>205系3100番台
205系0番台500番台600番台1000番台(東日本)1000番台(西日本)1100番台1200番台3000番台
      3100番台・5000番台
 2002年登場。仙石線の老朽化した103系の置き換え用に、山手線及び埼京線から転出した205系を改造した車両である。全車中間車からの改造であり、先頭車の運転台は新設されている。比較的寒冷地を走行するために耐雪ブレーキやヒーターの追加設置がなされ、半自動開閉用の押しボタンも設置されている。ここまでは3000番台に準じているが、この番台では205系改造車としては唯一トイレも設置されている。これはそれまで在籍していた103系には見られない設備であり、サービス改善がなされていると言えよう。バリアフリーの観点から新たに車椅子スペースが設けられた点以外、基本的に車内は従来通りのロングシートであるが、うち5編成の石巻方先頭車は「2WAYシート」という、ロングシート・転換クロスシートに変換可能な座席を搭載している。2004年までに4連18本が改造された他、最後まで残った103系の置き換え用に南武線からさらに1本が転出しており、最盛期は4連19本の陣容となった。103系を全て置き換え仙石線の主力車両として活躍しているが、東日本大震災に際しては廃車も発生している。

 2009,08,27 小鶴新田


■Variation
 オールロングシートの車両が青基調の帯しか巻かれていないのに対し、2WAYシートが搭載されている車両は4両全車の帯色が異なっており外観上の差異となっている。この色は、仙台・塩釜・松島・石巻という沿線の都市をイメージしてつけられている。尚、2編成が後述の「マンガッタンライナー」ラッピングがなされている為、この帯を纏う編成は少ない。

 2009,08,27 小鶴新田
 2WAYシートを搭載している編成のうちM8編成は「マンガッタンライナー」として、車内外に石巻市に所縁のある石ノ森章太郎氏の漫画キャラクターが多数描かれている。土休日には専用の運用が組まれ、車内放送を「ロボコン」が行う等手の込んだ工夫がなされていた。

 2009,08,27 小鶴新田
 M2編成は改造当初は通常の2WAYシート車両であったが2008年の仙台・宮城デスティネーションキャンペーンを契機として石ノ森章太郎氏の漫画キャラクターのラッピングが施され、「マンガッタンライナーU」として運行を開始した。こちらのラッピングは「仮面ライダー」が中心となっている。

 2009,08,27 小鶴新田