10000系
トップページ鉄道写真図鑑東武鉄道>10000系
 1983年登場。7300系などの旧型車置き換え用に登場した、8000系に代わる標準車両である。1981年に登場した9000系をベースとした軽量ステンレス製車体であるが、分割・併合を前提とした設計となっており貫通扉は中央に取り付けられている。また、9000系と異なり界磁チョッパ制御方式を採用している他、日光線や東上線小川町以北等の勾配の多い線区における運用を考慮して抑速ブレーキも装備している。本形式はまず東上線に配備され、翌年に伊勢崎線・日光線にも投入された。編成両数は9000系のような10両固定編成だけでなく、2両・6両・8両・10両と様々なバリエーションが存在し(ただし8両・10両固定は東上線限定で、4両固定編成の製造はない)、また30000系までの新造車とは連結が可能となっているので柔軟な編成組成及び運用が可能となっている。車内はロングシートで、初期車のモケットは従来からのらくだ色が採用されたが増備途中から現行のグリーンベースへのモケットへ変更されており、後に他車にも波及する事となった。1989年までに118両が製造されたが、以降の増備はマイナーチェンジ車である10030系へと移行している。2007年からは修繕工事も始まっており、引き続き主力車両の一つとして活躍が続く。

 2008,02,17 東向島


■Variation
 10両固定編成を組む10000系は4編成いるが、東上線にしか在籍していない。当初は8両編成であったが1989年に中間車2両を新たに連結することにより10両を組成した。尚、中間車製造当時は10030系の製造が行われていたが、内装面は10030系とほぼ同一ながら編成美を損なわないようにあえてコルゲート付きの車体が採用されている。

 2009,02,16 川越市
 車体修繕が施された10000系。9000系に準じた工事が施行されており、50000系列に準じた車内へとリニューアルされた他ライトや扉の交換や車外スピーカーやスカートの設置等もなされ、種別・行き先表示はフルカラーLEDのものへと改められている。伊勢崎線系統に在籍する6両編成グループは全てにこの工事は施された。現在は10030系の修繕と並行し、他の編成にも修繕が行われつつある。

 2012,01,22 東向島