30000系
トップページ鉄道写真図鑑東武鉄道>30000系
 1996年登場。将来の半蔵門線乗り入れを控え、対応車両として製造されたものである。そのため初めてワンハンドルマスコンが採用されており、また初期に製造された車両では直通用機器の準備工事がなされている。また、IGBT-VVVFインバータ制御方式・シングルアームパンタグラフ・定速運転装置なども東武では初採用のものである。車体は10030系同様の軽量ステンレス車体だが、車内案内表示器の設置など、アコモデーションは10030系と比べて大幅に向上している。この形式ではLED式の行き先表示器が採用されているが、側面の表示器は従来のものに比べて非常に大きいものになっている。登場当時は10000系列との共通運用で使用されることから6両と4両の編成がそれぞれ製造され、10両固定編成は製造されていない。2003年までに15本が製造され、半蔵門線延伸までは10000系列と共通で、延伸後は30000系のみで10両編成を組成して直通運用に充当された。尚、当初直通機器が搭載されていなかった編成に関しては後に搭載されている。しかし50050系登場後は本線の5050系を置き換える為に直通機器を50050系に譲り、再び地上線に復帰する車両も現れた。現在は2本を除き地上線に復帰し、10000系列と共通に使用されている。

 2008,05,04 溝の口


■Variation
 50050系に直通運用を追われた30000系は登場時と同じように伊勢崎線や日光線における地上運用に復帰し、同時に5050系や8000系といった旧型車両を逐次置き換えている。元々30000系は他形式との併結も可能であり、このように10000系などと組んだ姿も見ることができる。尚、地上線復帰に際し使用されない種別標識灯及び運番表示器は埋められている。2011年になり、東上線へ転属する編成も現れた。

 2009,03,31 東向島
 永久磁石電動機を試験的に採用した31602F。この編成のモハ35602号車の電動機が換装されており、該当車は東京メトロ16000系とほぼ同じ音をたてて走行する。

 2012,01,22 東向島
 東上線に転属した30000系。8000系の置き換えに伴う車両転配により、元々伊勢崎線の車両であった30000系も東上線へと転属する編成が現れた。転属に際しては中間の運転台が撤去されており、10030系の修繕施行車同様実質的に10両固定編成となっている。東上線では地上運用のみに投入されており、伊勢崎線時代と異なり地下鉄線には乗り入れない。

 2012,09,17 成 増