50000系
トップページ鉄道写真図鑑東武鉄道>50000系
 2004年登場。老朽化した8000系等の旧型車両を置き換える為に製造された通勤型車両である。それまでの東武鉄道の通勤型車両では9000系以来ステンレス製の車体が採用されていたが、こちらは初めて日立製作所のA-Trainが採用され、軽量アルミ合金製(前面部のみ普通鋼製)の車体となった。これにより同時期に増備が行われていた西武鉄道の20000系等と類似した車体となっている。デザインは無地をベースに前面・窓周辺にシャイニーオレンジのラインを配したものとなり、従来車とは一線を画すものとなった。車内はロングシートで、片持ち式バケットシートが採用されている。また鋼体同様アルミ製の内装材を多用することで将来のリサイクル性向上が図られている。扉鴨居部の車内案内表示器は、30000系のものと比べて千鳥配置になったものの、大型化して見やすくなった他、号車表示を行うようになった(また、車両側面の行き先表示器も号車表示を行うようになっている)。更に中扉締めきり機能や半自動切り替え装置等、東上線に合わせた機構も導入されている。先んじて1編成が投入され、同車の動向を元に増備されることとなったが、第1編成が前面非貫通で落成したのに対し第2編成以降は貫通扉が設けられ、印象が大きく変わっている。ただし車両の寸法はが地下鉄車両とは異なる事から地下鉄直通運用には用いられない。伊勢崎線の50050系等、一連の50000系列のさきがけと言える存在であり、現在の東武車両の礎を築いた車両と言える。現在50000系は東上線の標準車両と位置付けられており、8000系置き換えの為に増備が続き現在は10連9本の陣容となっている。前述の通り地下鉄直通運用には用いられないため、専ら池袋〜小川町間で使用されている。

 2012,09,18 朝霞台


■Variation
 量産先行車的な位置づけの第1編成。もともと地下鉄直通を前提としない設計となっており、他車には見られない前面非貫通のデザインが特徴となっている。またこの車両のみ前面ライトがより低い位置につけられている。

 2008,07,27 ときわ台