100系
トップページ鉄道写真図鑑東武鉄道>100系
 1990年登場。接客設備の陳腐化した1700系・1720系を置き換える為に製造された、日光線系統用の特急型車両であり、「スペーシア」の愛称を持つ。東武鉄道の車両として初めてアルミ合金製の車体を採用しており、流線形のスマートなデザインとなった。塗装はホワイトをベースに窓周りを黒くし、更にサニーコーラルオレンジとパープルルビーのラインが配されたデザインを採用。この塗装は300系・350系にも採用されており、日光線のブランドカラーとなっている。制御方式として10080系で試用されたGTO-VVVFインバーター制御方式を初めて本格採用し、省エネ化が図られている。車内は銀座東武ホテルを手掛けたデザイナーによってデザインされており、豪華な内装となっている。特に浅草方先頭車は1両全てが個室車となっている点が特筆できる。民鉄では初の個室車両であり、更に昼行特急で1両全てが個室車となった車両は本系列がJRを含めて日本初である。通常の座席車も1100mmピッチでリクライニングシートが展開しており、JRのグリーン車に匹敵するものとなっている。この他サービスカウンターやビュッフェ設備も設けており、観光輸送にふさわしい充実した内装を誇るのが特徴といえる。100系は1991年までに6連9本が落成して1700・1720系を全て置き換え、一躍東武鉄道のイメージリーダーとなった。1991年にブルーリボン賞を受賞しており、登場から20余年経った現在でもなお人気・知名度の高い車両となっている。尚、2006年からはJR東日本との直通特急の運転が開始されたが、それに際し3編成にJR線直通用の機器を搭載し、活躍の場が一気に新宿や品川へと広がっている。尚、2011年からリニューアル工事が開始されており、翌年までに全車リニューアルを終えている。

 2008,01,22 赤 羽


■Variation
 2011年になりリニューアル工事が開始された100系。内装面ではモケットやカーペットの張り替えが行われており、他にも2012年に開業する「東京スカイツリー」をあしらったデザインが取り入れられている。リニューアルされた100系は、「粋」「雅」「サニーコーラルオレンジ」の何れかをイメージしたラインに変更され、3種類のスタイルを見る事が出来るようになる予定である。こちらは「雅」をイメージした編成で、江戸紫をイメージした紫のラインと東武のコーポレートカラーであるフューチャーブルーのラインがあしらわれている。

 2012,01,27 大 袋
 こちらは「粋」をイメージした編成。帯色が隅田川の水をイメージしたブルーとフューチャーブルーの2色となり、「雅」編成とも異なる印象を受ける。尚、東京スカイツリー開業100日前よりリニューアル編成には開業までの日数を示したヘッドマークが取り付けられている。これは1日ごとに貼り替える大掛かりな仕様となっている。

 2012,03,15 鬼怒川温泉
 こちらは従来の色であり日光線のイメージカラーでもある「サニーコーラルオレンジ」をイメージした編成。リニューアル前の塗装に最も近いが、パープルルビーの帯はフューチャーブルーの帯に変わり、また窓周りもサニーコーラルオレンジとなっているので印象は異なる。

 2012,09,17 梅 島
 日光東照宮四百年式年大祭を記念し、特別塗装に塗り替えられた100系。日光二社一寺をの建造物をイメージし、金色をベースに朱色と黒のラインが配されたものとなった。また、車内の座席カバーも専用のものへと変更されている。この塗装は「日光詣スペーシア」という愛称がつけられ、当初は103F1本が塗り替えられたが、この特別塗装は人気を博したことから、JRへの直通に対応する106Fもこの塗装に塗り替えられ、2本体制となった。この塗装のスペーシアは運行予定が公表されている。

 2016,12,04 南栗橋車両管区

2017/06/17