300系・350系
トップページ鉄道写真図鑑東武鉄道>300系・350系
 1991年登場。従来6050系で運転されていた快速急行を有料急行へと格上げすべく、200系の登場で余剰となっていた1800系を種車に、日光線系統の優等用車両へと改造した車両である。このうち6両編成を組む車両が300系、4両編成を組む車両が350系となっている。塗装はそれまでの赤基調のものからスペーシアに準じた塗装へと変更され、また勾配の多い日光線や野岩鉄道での使用がメインとなる事から発電ブレーキ・抑速ブレーキが新たに設けられている。前面は1800系のうち最終増備の1819Fと同じく角型ライトが採用された他、電動の愛称表示器が新たに取り付けられている。車内は化粧板が貼り替えられた点を除けば1800系時代とほぼ同じで、フットレスト付き回転クロスシートが960mmピッチで展開する(リクライニングはできない)。尚、元々1800系は6両編成を組んでおり、350系への改造の際には先頭車化改造を受けている車両も存在する。300系が2本、350系が3本という陣容となり、急行「南会津」(2005年廃止)や「しもつけ」「ゆのさと」「きりふり」で営業運転を開始した。2006年からこれら列車は特急へと格上げされているが、100系とはサービス格差が生じてしまう事から特急料金は据え置きとなっている。近年、300系の定期運用は浅草→南栗橋間の「きりふり」1本のみ、350系の定期運用は浅草〜東武宇都宮間の「しもつけ」1往復のみとなっていたが、週末や行楽シーズンを中心に臨時特急運用に充当される他、団体運用等にも入っていた。また300系は「尾瀬夜行」「スノーパル」として夜行列車の運用にも充当されることがあり、私鉄唯一の夜行列車の代名詞ともなっていた。2017年4月のダイヤ改正で基本的に臨時特急はなくなり、同時に300系は全車運用を離脱し廃車された。現在は350系が残存し、特急「しもつけ」「きりふり」に充当される他、「尾瀬夜行」「スノーパル」は同車が充当されるようになった。

 2012,01,22 東向島