E233系6000番台
トップページ鉄道写真図鑑JR通勤型電車E233系>6000番台
E233系0番台1000番台2000番台5000番台・6000番台・7000番台8000番台8500番台
 2014年登場。横浜線で使用されていた205系を置き換えるために投入された番台である。E233系としては初となる8両編成を組み、MT比は1:1となっている。基本的な車両性能は既存の通勤型各番台に準じているが、7000番台と同じくATC区間・ATS区間のいずれも走行することから、保安装置は両者を一体化した車上装置が採用されており、自動での切り替えが行えるようになっている。帯色は205系時代と同じく黄緑と緑の2色構成となっているが、同番台では沿線活性化の一環としてロゴマーク(沿線の市木であるケヤキを模したもの)が貼り付けられた他、横浜線及び直通する根岸線の駅を模した駅スタンプステッカーが1編成に1種類貼り付けられている(八王子〜磯子間の各駅に大船駅を加えたものになっている)。車内は基本的に埼京線に導入されていた7000番台に準じており、座席のモケットや車内灯にLEDを採用している点は7000系と同一である。尚、こちらは車内への監視カメラは取り付けられていない他、鴨居部の液晶表示器に「セサミクロ」を採用せず、表示方法は京葉線用の5000番台に準じたものに変更されている(17インチ表示のものを2基搭載している点は変わりない)。尚、拡幅車体の採用により乗車定員が205系よりも1割近く増加していることもあり、205系で導入された6扉車は導入されていない。6000番台は2014年2月に営業運転を開始し、およそ半年で8連28本の陣容となり全ての205系を置き換えている。横浜線及び京浜東北線・根岸線に乗り入れて八王子〜大船間で活躍している。

 2014,04,19 相模原