6050系
トップページ鉄道写真図鑑野岩鉄道>6050系
関連リンク:東武6050系 会津鉄道6050系
 1985年登場。翌年の開業を控えた野岩鉄道用に増備された車両である。同時期に製造が開始された東武鉄道の6050系とは車体こそ同一であるが、当時製造されていた東武6050系が6000系の下回りを流用していたのに対しこちらは下周りを含め全て新造されており台車はS型ミンデン台車を搭載する。車号は100番台となって東武鉄道の車両とは区別されており、所謂「インフレナンバー」となっているのが特徴である。尚、コスト削減の観点から全車とも落成後一旦は東武鉄道に車籍がおかれ、その後野岩鉄道に譲渡されたという経歴を持つ。1985年に2連2本が落成した後1988年には更に1本が増備され、現在は2連3本の陣容となっている。現在に至るまで東武鉄道・会津鉄道の6050系とは完全に共用されており、車両検査等は全て東武鉄道が行っている。

 2012,03,15 鬼怒川温泉