250系
トップページ鉄道写真図鑑東武鉄道>250系
 1998年登場。200系の増備によって進んでいた1800系の置き換えを更に推進し、将来の特急格上げ・列車増発の目的も兼ねて製造された車両である。200系の増備車両としての位置付けであり、車体・内装とも前年より製造されていた200系後期車に準じているが、それまで1700系・1720系の廃車発生品が流用されていた走行機器・台車ともに全て新製された点が200系と異なる点であり、この為に形式が分けられている。この走行機器や台車は当時製造が進んでいた通勤型の30000系に合わせられ、東武鉄道の優等用車両として初めてIGBT-VVVFインバーター制御方式が採用されている。台車も30000系のものに準じたボルスタレス式台車が採用されているが、通過駅の多い優等列車として使用する目的から台車にはヨーダンパが増設されている他、歯車比もより高速寄りになっており、更に抑速ブレーキや定速運転機構の設置等、種々の仕様の違いが生じている。外観は200系の後期車に準じているものの、前述の通り制御機器や台車が異なる他、パンタグラフの配置が変わって浅草方2両目がダブルパンタとなり、互いに異なる向きで搭載されている(200系後期車もシングルアームパンタグラフだが、こちらは浅草方2両目・3両目に1基ずつ搭載されており、全て同方向を向いている)。車内は200系に準じており、座席は全て新製されたものが搭載されている。同車の投入によって1800系は急行運用から完全に撤退しており、翌年に「りょうもう」は特急への格上げと速度向上が行われることとなった。同車導入によって所定の本数となったことから以降の増備はなく、結果として250系は6連1本と少数派となっている。現在も200系に混じって特急「りょうもう」に使用されている。

 2013,09,29 大 袋