7020系
トップページ鉄道写真図鑑泉北高速鉄道>7020系
 2007年登場。セミステンレス車体を採用している3000系初期車の老朽化が目立つようになり、その置き換え用に製造された、泉北高速では7000系以来9年振りとなる新形式車両である。7000系がベースとなっており車体は同車に準じているが、前面が通常の貫通扉となり、上部にHID式のヘッドライト・下部にLED式の標識灯が取り付けられるなどデザインが変更されている。車内にはLCDの案内表示器が取り付けられ、更なるサービスアップに貢献しているが、側扉から化粧板が廃されるなど、可能な部分においてはコストの削減が図られている。現在LCDは千鳥配置で扉上部に1基のみ取り付けられているが、将来は2基取り付けられるよう準備工事がなされている。尚、この液晶表示器は7020系より後に製造された南海8000系では採用されず、車両サービス面でこちらが一歩リードしている。7020系は2008年までに6連2本・4連1本・2連1本の18両が製造されたが、以降の増備はなされないまま推移している。なお、当初は7000系との併結は行われていなかったが、2013年より行われるようになり、現在は基本的に7000系と混用されている。

 2008,08,06 天下茶屋