E657系
トップページ鉄道写真図鑑JR特急型電車>E657系
 2011年登場。従来常磐線の特急に使用されてきた651系E653系を置き換えるために製造された交直流特急型車両である。アルミ製車体はE259系に準じているが、交直流車であるため車高はE653系にあわせられている他、クラッシャブルゾーンを設けた非貫通構造となっている。車体色は651系譲りとなる白を基調とし、窓下部に紅梅色のラインを配することで、沿線で有名な梅の花をイメージしたものとなっている。機器類はE531系に準じるが、機器類の二重化がなされており万一の故障の際にも走行できるようになっている。編成は651系・E653系が7連と4連に編成が分けられているのに対しこちらは全て10両固定となり、5号車にはE653系になかったグリーン車を設けている。E259系同様制御車とグリーン車にフルアクティブサスペンションを搭載し、また全車両に車体間ダンパを設ける事により編成全体において乗り心地向上が図られている。車内は普通車は960mm、グリーン車は1160mmピッチで座席が展開し、E5系同様全座席にピローを設置することで、内装面においても快適性の向上を図っている。またグリーン車には電動車椅子対応の大型トイレが設けられ、更にバリアフリーも向上している。更に各座席にコンセントを配置し、WiMAXを用いたブロードバンド環境を構築することにより、車内での高速インターネット通信も行えるようになっている。E657系は2012年3月のダイヤ改正で一部の「スーパーひたち」「フレッシュひたち」にて営業運転を開始し、2013年3月までに総勢10連16本が落成して全ての在来車を置き換えた。後に1往復に651系の運用が復活したものの、2014年度には上野東京ラインの開業に先駆けて更に1本が増備され、2015年3月のダイヤ改正では再び常磐線特急の全列車が本系列になると共に愛称が「ひたち」「ときわ」に改称され、新しい着席サービスが始められている。この改正では半数以上の特急が品川まで乗り入れるようになり、東海道線区間でもその姿を見ることができるようになった。

 2019,04,28 我孫子


■Variation
 上野東京ラインを通り、東京駅まで乗り入れたE657系。上野東京ラインの開業により、新たに品川まで直通運転が行われるようになった。E657系は第9編成からはスカートの形状が変更されており、三分割が可能なものになったことで交換が容易になっている。尚、常磐線の特急は2015年3月のダイヤ改正より全席指定となったが、併行して座席未指定券も販売することになり、空席の状況が一目で分かるよう座席上にランプが新たに設けられた。ランプの設置工事は2013年から順次施行されており、この改造期間は一時的に651系が常磐線の特急運用に復帰していた。

 2015,03,15 東 京