651系
トップページ鉄道写真図鑑JR特急型電車>651系
651系0番台・1000番台伊豆クレイル
 1988年登場。陳腐化の進んでいた485系を置き換える為に製造された、JR東日本では初めての特急型車両である。初の特急型車両と言う事もあり、内装・外装共にフルモデルチェンジされている。白を基調としたスマートな外観とLEDを用いた尾灯併用の愛称表示器はそれまでの車両には全く見られないものであり、その外観から登場時は「タキシードボディ」と称された。尚、車両の性能は211系がベースとなっており、回生制動併用の界磁添加励磁制御となったが回生制動の採用は交直流両用車としては初のことである。また最高速度は130km/hとなり、常磐線で初めての130km/h運転を実現した。本形式では時間帯により増解結がなされるようになり、連結器は自動連結器として連結作業の省力化を図っている。尚、651系は常磐線への使用に特化しており、交流区間は50Hzしか対応しておらず耐雪構造にもなっていない。車内は全車両フリーストップリクライニングシートとなり485系に比べて大幅なアコモデーションの向上がなされている。またグリーン車は3列座席になっており、当初は衛星テレビも設けられるほど豪華な内装となっていた(ただし1次車の未は製造当初は準備工事)。尚、サービス電源は従来通りMGであり、デッドセクション走行時は車内照明が消えるようになっている。7連9本、4連9本が製造され、1989年3月より特急「スーパーひたち」として営業運転を開始した。途中2000年以降にリニューアル工事がなされつつ、長年に渡り常磐線の主力車両として活躍してきたが、2012年に後継のE657系が運用に入る事となり、2013年3月のダイヤ改正を以て本形式は常磐線の運用を離れた。しかし2013年9月よりE657系が順次改造入場することになったことから、1往復ながら「フレッシュひたち」の運用に復活している。余剰となった編成に関しては一旦疎開された後、各工場で改造が施され1000番台化されて高崎線特急に転用された車両の他、廃車となった編成も存在する。

 2007,03,25 名 取


■Variation
 4連の付属編成。当然のことながら通常連結する側にはカバーがとりつけられていない。

 2007,03,27 勝 田
 常磐線沿線からの高尾行き臨時快速として走る651系。1000番台に改造されていない編成の一部は引き続き勝田電車区に留まり、従来485系やE653系が担っていた波動輸送に用いられている。2014年からはTDR臨として京葉線に初入線を果たし、2015年からは上野東京ライン経由の臨時列車にも充当されており、運用機会は多くはないものの従来よりも活躍の幅が広がっているといえる。なお、2018年現在はK103編成のみが残存しており、表示器がフルカラーLEDに改められている。

 2014,11,03  柏