E231系800番台
トップページ鉄道写真図鑑JR通勤型電車E231系>800番台
E231系0番台900番台500番台・800番台・3000番台
 2003年登場。老朽化した103系・301系の置き換え用に製造された、地下鉄東西線への直通対応車両である。従来のE231系は幅広車体が採用されていたが、こちらは地下鉄に直通する事から209系1000番台とほぼ同一の車体が採用されている。ただし一部を除いて側窓が製造当初より開閉可能な構造となる等、設計変更は反映されている。また帯の色は東西線の車両に合わせて濃淡ブルーの2色となり、中央・総武緩行線用の0番台とは区別されている。制御方式はE231系通勤型と全く同じであり、500番台同様に純電気ブレーキも採用されている。車内はロングシートで、扉鴨居部のLEDは1段表示のものが採用されているが、こちらは近郊型車と同様に次駅案内だけでなく行き先を表示するようになっている。それまでのJR車両が準備工事に留めてあった車外スピーカーが本設置されている点が特徴であり、地下鉄線内を中心に使用される。更に製造当初より自動放送装置も搭載しており、JR線・地下鉄線の何れの仕様にも対応している。2003年中に10連7本が製造され、全ての103系・301系を置き換えて東西線内に入るJR車両は全て同車となった。ただし全体でみると比較的少数派の部類であり、東葉高速鉄道の車両よりも少ない車両数となっている。専ら東西線経由で三鷹〜津田沼間にて使用されており、東葉高速線内には乗り入れない。またその為日中の快速に本系列が充当される事はない。

 2012,07,31 行 徳