189系
トップページ鉄道写真図鑑JR特急型電車>189系
 1975年登場。老朽化していた181系の置き換えと、特急「あさま」の輸送力増強を目的に製造された直流特急型車両である。本系列最大の特徴は、それまでに登場していた169系や489系同様、EF63形との協調運転機能を搭載したことで、これにより従来は8両編成までしか対応していなかった「あさま」を一挙に12連へと増強させることができるようになった。その他の仕様は既に登場していた183系1000番台とほぼ同一であり、非貫通型の前面、普通車の2扉化など183系の特徴をそのまま受け継いでいる。189系は新製車としては1979年までに155両が製造された他、183系や485系からの編入車も存在しており、183系1000番台同様最終的には200両近くの陣容となった。特急「あさま」「そよかぜ」として営業運転を開始し、一部「あずさ」等にも充当される等碓氷峠を越えない運用にも柔軟に使用された。尚、製造当初は10連を組んでおり、12連運転は1978年から開始されている(その後、編成内のグリーン車は1両となり11連に短縮されている)。分割民営化に際しては11連と9連の編成が混在していたが、1990年からは「あさま」用の編成はグレードアップ化改造が順次施行され、「あずさ」用のグレードアップ車同様、指定席部分の大幅なサービスアップを実現した。尚、グレードアップ化改造は11連を組んでいた編成のみ施行されたが、9連の編成も指定席部分に関しては座席の改座がなされており、アコモデーションが改良されている。1997年に碓氷峠区間が廃止されると本来の用途を失った189系は廃車ないし転属が行われており、残存車は183系と併用されたが2005年の房総特急置き換えによって定期特急運用が消滅。グリーン車を組み込んだ編成も2009年までに全廃となっており、現在は普通車のみが各所に在籍している。尚、長野〜直江津間の「妙高号」及び塩尻〜長野間の「おはようライナー」が唯一の定期運用であり、その他は波動輸送に使用されている。尚、189系のグリーン車で余剰となった車両の一部はジョイフルトレインの種車となっている。

 2008,08,15 上諏訪


■Variation
 グリーン車サロ189形。製造当時は通常の4列座席であったが、グレードアップ工事施行車はハイデッカー仕様となり、座席も3列へ変更されるなど豪華な内装が特徴的であった。「あさま」及び「あずさ」からの撤退後は状態の良いグレードアップ車3両が国鉄特急色を纏いライナー等で使用されたが、2009年までに全車廃車されている。

 2004,08,15 茅 野★
 旧「あさま」色を纏う長野区の189系。1990年のグレードアップ改造施行車より順次この塗装に塗り替えられ、1990年代初頭は189系の代名詞とも言える塗装となっていた。長野区の189系は、長野〜直江津間の「妙高号」及び塩尻→長野間の「おはようライナー」等で同系列では唯一定期運用も持つ他、中央線の臨時特急や夜行快速「ムーンライト信州」にも使用される。長野区の189系は6連4本がこの塗装を纏っていたが、2005年に1編成が廃車、2012年に1編成が国鉄特急色に復元されたことで現在は6連2本がこの塗装のまま存置されている。尚、このN103編成は両端の先頭車が485系から改造編入されたクハ188形であり、窓の高さが他の車両よりも高くなっているので容易に判別できる。

 2008,09,09 長 野
 旧「あずさ」色を纏う豊田区の189系。元々は183系の塗装であった「あずさ」色だが、1997年の長野新幹線開通以降は189系グレードアップ編成が松本区へ転属の上で「あずさ」に使用される事となり、同色へと塗り替えられた。因みに189系は11連のまま充当されたので、183系とは運用に違いが生じていた。豊田区にはこの塗装を纏う6連1本のみが在籍しており、「ホリデー快速河口湖」で準定期運用を持つ。尚、やまなしデスティネーションキャンペーンにあわせて、キャラクターの「ももずきん」がラッピングされていたこともあった。

 2008,09,07 高円寺
 「彩野」はこちら。

 2005,10,30 池 袋★