3500系
トップページ鉄道写真図鑑名古屋鉄道>3500系
 1993年登場。旧型車の置き換えなどの目的に投入された通勤型車両である。車体は6500系や6800系の後期車に準じたものだが、電気指令式ブレーキを示すプレートや車番が前面に取り付けられており、外観上の差異となっている。この3500系は、名鉄では初のGTO-VVVFインバータ制御車両である。前述のとおり電気指令式ブレーキやワンハンドルマスコンを新たに採用しており、ブレーキ読み替え装置を持たないことから3500系より前に製造された車両とは連結できない。高速性能に重きをおいた性能であり、加速度は2.0km/sと低いものの最高時速120km/hでの走行が可能となっている。車内は全車両ともオールロングシートとなり、混雑を考慮し一部車両を除き折りたたみ式の補助椅子が設けられている。先頭部には車椅子スペースが、車端部には車内案内表示器が通勤型車両として初めて取り付けられており、サービス向上が図られている。3500系は1996年までに4連34本の136両が製造されており、主力車両として後継車に混じって活躍している。2017年からは制御装置換装を始めリニューアル工事が施工されており、施工車は制御方式がIGBT-VVVFインバーター制御方式に改められている。

 2009,03,20 神宮前


■Variation
 リニューアル工事が施工された3500系。外観上は種別・行き先表示器がフルカラーLED化された点が特徴である。制御方式はIGBT-VVVFインバーター制御方式に改められている(先行して2013年に1編成の制御装置が換装されている)。車内は化粧板や床材の交換、大型袖仕切りの設置を始め、3300系に近いカラースキームに改められたほか、ドアチャイムの新設や妻部の車内案内表示器をLCDのものに換装する等の変更がなされている。なお、このリニューアルでは施工年により車椅子スペースの追設や非常用梯子の増設などの変更点が生じている。

 2019,11,23 栄 生

2020/01/05