6000形
トップページ鉄道写真図鑑東京都交通局>6000形
 1947年登場。戦災復旧に際して製造された戦後初の都電車両で、車両復旧の急務もあり1952年までに290両もの車両が製造された半鋼製車両である。製造年次及び車両メーカーにより若干の差異があり、とりわけ台車は製造年次によって異なっている。3000形や4000形といった従来車もこの車両と同等の車体に乗せ換えられており、名実ともに都電全盛期の礎を築いた標準車両となった。更に名鉄モ570形などこの車両に影響を受けた車両も存在しており、路面電車自体の一時代を築いた車両であるともいえよう。しかし都電の路線縮小にあわせ大幅に数を減らし、1972年までに13両を残して廃車。うち12両は1979年のワンマン化開始までに運用を離脱している。唯一残った6152号車は応急車として在籍していたものが1988年にイベント用として整備され、「一球さん」の愛称で2000年まで現役で使用されていた。現在は保存車両が各地に存在し、とりわけ2008年に個人が保存していた6086号車が荒川車庫に移され、同地で保存留置されていることが特筆される。

 2009,06,14 荒川車庫


■Variation
 6000形の中で最後まで稼働状態にあった6152号車。荒川線のワンマン化後も残った唯一の車両であり、元は応急車として存置されていたものだが、都電全盛期を走行し、一時代を築いた車両であることから1988年からは本線での営業運転が可能なよう整備され、同時に塗装もモスグリーンとクリームのツートンカラーへと塗り替えられた。その後も都営マークの追加等、若干の変化を加えながらも団体運用や指定日の臨時運行などに用いられた。「一球さん」の愛称で親しまれたものの、2000年に発生した京福電鉄の正面衝突事故を契機として運用を離脱している(ブレーキ系統の不安によるもの)。しばらく荒川車庫に留置された後、2003年からはあらかわ遊園にて晩年の塗装のままで静態保存されている。

 2013,09,29 あらかわ遊園