14系
トップページ鉄道写真図鑑東武鉄道>14系
 東武鉄道が2017年8月より運行を開始する「SL大樹」向けの客車として、JR四国より14系客車の譲渡を受けたものである。JR四国の14系は、元々C56牽引のSL列車用の客車に充当すべく2005年にJR東海から譲り受けたもので、数回使用した程度で殆ど使用されず高松運転所に留置されていたものである。これはスハフ14形・オハ14形・オハフ15形各形式のトップナンバーを含んだ4両の陣容(いずれも1972年製)であり、その全てが東武鉄道に譲渡されている。譲渡に際しては、国鉄時代からの姿を再現しつつ、徹底した修繕・更新がなされている。外装は前述のとおり青20号を基調に白帯を巻いた正に国鉄時代を彷彿とさせる姿を維持し、外板の修復もなされている。また、スハフ14形については発電用エンジンが14系500番台のものへと換装された。車内は当時のままの簡易リクライニングシート(ストッパーのない原型のもの)だが、モケットやカーテンは国鉄時代に近いものに換装され、総じて新製当時の姿に近づけられている。なお、サニタリースペースはスハフ14-1のトイレが洋式に換装されている他は全て使用停止の措置がとられ、洗面所は全て埋められ荷物置き場に転用されている。「SL大樹」では客車は3両組成となり、残る1両(組成の都合上基本的にはオハフ15-1かオハ14-1のいずれか)は予備車として待機する。なお、客車は他にJR北海道から譲受した14系500番台4両とJR四国から譲受した12系2両が存在するが、現状は部品取り兼工場内試運転時の伴車の扱いで車籍編入はされていない。ただし東武鉄道では2020年を目途に2両目のC11形を導入する計画で、それに合わせた客車の再整備等も期待される。この流れもあり、2019年4月からはJR北海道から購入した14系500番台のうち1両を新たに「SL大樹」に導入することが決定した。

 2017,12,02 鬼怒川温泉


■Variation
 トップナンバー車スハフ14-1。全国で客車列車が風前の灯火となり、14系客車自体も全国で稼働車が10数両という現状の中、14系のトップナンバー車が現存しているというのは奇跡的であるといえる。

 2017,12,02 鬼怒川温泉