5000系
トップページ鉄道写真図鑑泉北高速鉄道>5000系
 1990年登場。南海電鉄の車両をベースとしていた在来車両とは全く異なる、初の独自設計車両である。車体は初めてアルミ製となり、VVVFインバーター制御装置や車両制御情報管理装置、電気指令式ブレーキ、ボルスタレス台車など数々の新機軸を取り入れた。車内には車内案内表示器が取り付けられており、サービス面においても従来の3000系と比べて大幅に向上している。直通先の南海電鉄でも同時期に初のVVVFインバーター制御車両である2000系が営業運転を始めたばかりであり、更にその2000系も在来車両と共通運用である関係上電気指令式ブレーキは採用されず、車内には案内表示器及びドアチャイムの装備もなかった。この事から見ても大阪府都市開発の同車への意気込みが伺える。登場時は8両1編成のみが自社線内のみで限定運用されていたが、1995年までに8連5本が製造されて今や主力車両に成長した。ただし近年では6両編成での運用が多くなり、ラッシュ時中心の運用になりつつある。尚、2015年よりリニューアル工事が開始されており、施行車は車内が7020系に準じた仕様へと変更され、大型袖仕切りの設置や車内案内表示器のLED化、側扉の交換などがなされた。また照明器具がLEDとなり印象が若干変化している。

 2008,08,06 新今宮


■Variation
 5505Fは、泉ヶ丘駅近くに位置する府立大型児童館「ビックバン」の開館に伴い、1999年に松本零士氏デザインの特別塗装が施された。長らく同じ塗装で走っており、南海50000系にも引けを取らない強烈なインパクトを放っていた。「ハッピーベアル」という愛称が付けられ親しまれていたが、惜しまれながら2017年に同塗装での運用を終了した。

 2008,08,06 新今宮
 リニューアル工事の施された5000系。外観上は前照灯、尾灯等がLED化された他、側扉をステンレス製(車内側無塗装)のものに換装した点が既存車とは異なる点である。車内はモケットの換装、大型袖仕切りの新設、化粧板、床材の張替えなど比較的大規模に施工されている。車内案内表示器は従来のLEDからLCDに変更されている。このリニューアルは2015年以降順次施工されており、2018年の施行車からは行き先表示器のフルカラーLED化も行われている。

 2019,05,04 新今宮