1000形
トップページ鉄道写真図鑑沖縄都市モノレール>1000形
 2003年の沖縄都市モノレール開業にあわせて製造された車両であり、「ゆいレール」の愛称を持つ。アルミ製の車体で、2両で1編成を組む。塗装は黒及びグレーをベースに、中央に首里城をイメージした赤いラインを配したものとなっている。制御方式はIGBT-VVVFインバーター制御方式であり、回生制動を併用できるので省エネにも優れたものとなっている。尚、台車には多摩都市モノレール同様にボルスタレス台車が採用されている。保安装置はATCだが、ATOによる自動運転は行われていない。車内はロングシートを基調として運転台後部のみクロスシートとなっている。カラースキームは白を基調として窓枠を黒、妻部を黄色とすることでメリハリを利かせている他、床色が灰色の縞模様、モケットは琉球かすりの紋様を取り入れた独特なものとなり、他のモノレールとは一線を画したデザインに仕上がっている。尚、車内はクロスシート部分を除きフルフラットであり、また車椅子スペースや優先席も完備している事からバリアフリーにも対応したものとなっている。1000形は2001年に試作車1本、翌年以降に量産車が落成し、開業時は2連12本の陣容であった。輸送力増強の観点から2010年に再度1本が製造され、更に輸送力増強及び首里〜てだこ浦西間延伸を控えて2016年から2018年にかけて6本が製造されたため、2019年現在では2連19本となった。2016年以降の増備車は扉付近の立ち席スペース拡大や車内案内表示器のLCD化、前照灯のLED化など、内外装ともにマイナーチェンジが加えられている。この陣容で、2019年夏の首里〜てだこ浦西間延伸を迎えることとなった。

 2004,08,04 赤 嶺〜那覇空港★