3000形
トップページ鉄道写真図鑑小田急電鉄>3000形
 2002年登場。環境負荷・コストの低減とバリアフリーの推進を目指し、既存車両の取り換えを目的に導入された通勤型車両である。既存車両と同じく20m級4扉車両であるが、既存車両と異なり、袖絞り車体ではなく直線状の車体となった。車体はオールステンレス製で、初期に製造された車両が日本車輌で製造されたことから、同社の工法である日車式ブロック工法が採用されている。前面は切妻に近い形となり、シンプルな造形となっている。また当初より地上線専用とされたこともあり、前面の貫通扉が廃されている。なお、前面窓下については初期車は青い太帯となっていたが、2003年製の車両から細帯に改められた。制御方式はIGBT-VVVFインバーター制御方式で、製造時より純電気ブレーキが採用されている。当初は6連のみの陣容で、かつ6連は他形式と併結して10連を組む機会が多いことから、6連を組む編成については新宿方先頭車に電気連結器を備え、ブレーキ読み替え装置を搭載して電磁直通ブレーキを採用する従来車両との併結を可能としている。また、小田急の通勤型車両では初めて、左手操作式のワンハンドルマスコンハンドルが採用された。3000形は増備時期により種々のマイナーチェンジが施されてきた形式でもある。初期製造の1次車は側扉が乗務員室後部を除き1600o幅で、戸袋窓を備えていたが2次車以降は全て側扉が1300oとなり戸袋窓が廃されている他、途中から側面行き先表示器が大型化された。3次車以降は従来のモニタ装置に変わり車両情報管理装置「TIOS」が導入され、主電動機出力も向上した。また8連の編成が新たに製造されている。当初より前面の帯が細帯仕様となり、排障器の形状も変更された。4次車では車内案内表示器がLCDとなり、5次車では全扉鴨居部に車内案内表示器が設置された。更に7次車では車内案内表示器がフルカラーLEDとなっている。このような変遷を経て着実に増備し、既存車両を置き換えてきた3000形だが、4000形の増備もあり、編成単位での車両新造は2007年に終了している。しかし以降も10両編成化推進のために中間車が増備され、既存編成に組み込まれて10連を組成している。初期編成の製造から15年以上経過した2018年現在も中間車の新造は続いており、小田急における最多両数の更新が続いている。

 2007,09,22 成城学園前


■Variation
 2002年度に導入された2次車では、ドア幅が1300oで統一されている他、戸袋窓が廃止された。車内では座席が片持ち座席に、袖仕切りが大型のものに改められている。この2次車までは前面窓下の青帯が太くなっていたが、現在は他編成に合わせ細帯とされている。

 2016,06,18 経 堂
 2003年以降に導入された車両では更なるマイナーチェンジが施され、主電動機出力の向上や車両情報システム「TIOS」の導入、制御装置の1C4M化、排障器の大型化などが行われている。このうちお3263Fでは製造当初防音カバーが側面に取り付けられ、防音カバーの試験に供されていた。2006年からは台車周りにのみ防音カバーが取り付けられるなどその形態に変化が生じていたが、2008年7月にカバーが撤去されている。

 2008,06,06 千歳船橋
 3000形は増備ごとにマイナーチェンジが進んでおり、2004年製の4次車からは車内案内表示器がLCDとなった他、2006年製の7次車からは行き先表示器がフルカラーLEDに変更されている。また当初は6連のみの陣容であったが2003年からは8連も製造され、バリエーションが増えている。なお、8連を組む編成は増解結を行うことがないため、新宿方にも電気連結器は備わっていない。

 2017,09,18 登 戸
 新造された中間車を組み込み10両固定編成となった編成。輸送力増強のため3000形の一部で10連化を行うことになり、一部の6・8連編成が10連化されている。10連を組む編成は30番台ないし40番台(80番台ないし90番台)の車号となり、すべての編成で行き先表示器がフルカラーLED化されている。

 2015,07,19 経 堂