3500形
トップページ鉄道写真図鑑芝山鉄道>3500形
関連リンク京成3500形
 芝山鉄道では2012年度を以て開業以来使用していた3600形を返却の上、新たな車両をリースの上で使用することとなった。これにより京成電鉄よりリースを受けた車両が、3500形車体更新車の1編成である3540F(4両編成)であり、2013年4月より芝山鉄道の車両として使用を開始している。移籍に際しては会社表記の変更(3600形では白地に黒で書かれていたが、こちらは緑地に黒で書かれている)及び京成グループマークの撤去がなされたが、その他は車体の帯色を京成時代のままであり、形態的な変化は殆ど見られない。ただし2013年5月より成田国際空港35周年を記念するラッピングが側面に貼り付けられているため、現在はその点でも区別がつくようになっている。前述の通り芝山鉄道籍の3500形は4両1編成のみの陣容となっており、現在に至るまで京成線・芝山鉄道線の4連運用にて使用されている。一時期は金町線や千葉線等の充当が多くなっていた時期があったが、現在京成線で4連の運用は金町線を除くとほぼ消滅しており、平日午前中の成田〜芝山千代田間往復運用(片道1本のみ宗吾参道始発)に充当されることが多い。なお、2019年より前面に芝山鉄道のロゴマークが新たに貼り付けられている。

 2013,07,14 京成津田沼


2020/02/28