3000系
トップページ鉄道写真図鑑京阪電鉄>3000系
 2008年登場。同年10月の中之島線開通を控え、同線に直通する快速急行用に製造された車両である。「風流の今様」をコンセプトとしており、円弧状の独特な形状となりそれまでの京阪車両とは一線を画す。車体はアルミ合金製であり、塗装は青と白を基調に銀色のラインが配されたこの車両独自のものとなった。フルカラーLEDは本形式で初めて設けられている。車内は転換クロスシートを中心に車端部にロングシートを設けたセミクロスシートで、混雑対策の為に運転席後ろを除き転換クロスシートは1+2列の配列となった。尚、シート生地には「エクセーヌ」と呼ばれるマイクロファイバー素材を鉄道車両として初めて採用している。扉鴨居部には京阪初の液晶案内表示器が設けられ、サービス向上が図られた。この他扉上の開閉表示灯も初採用である。中之島線開業までに8連6本が製造され、当初は快速急行中心の運用に就いていたが、その後の運用方針の変化により、ロングシート化された9000系に代わって特急運用を主体に就くようになり、更に2017年からは快速特急にも充当されるようになった。その為、現在では淀屋橋〜出町柳間の運用が主体となっており、本来の用途である中之島線にはあまり入線しなくなってしまっている。尚、中間車両を抜いた7連や5連、4連での走行も可能である。2021年3月のダイヤ改正からは8000系に次いで「プレミアムカー」を新造のうえ、組み込むこととなった。

 2013,07,21 関 目


■Variation
 営業運転開始前、7両編成で試運転を行う3000系。前述の通り3000系は編成の中間車を抜いた4連、5連や7連での走行も行えるが、現在のところは試運転及び臨時運用を除いては行われていない。ただし編成を短縮した状態で交野線や宇治線を走行した実績はある。

 2008,08,05 野 江
 貫通扉に愛称表示器が新設された3000系。2017年に施工されたもので、これにより特急運用時・快速特急「洛楽」運用時には専用表示がなされるようになった。この他、前照灯は2016年以降にLED灯に変更されている。

 2019,05,04 守口市
2020/12/30