E653系1000番台
トップページ鉄道写真図鑑JR特急型電車>E653系1000番台
E653系0番台・1000番台・1100番台
 従来特急「いなほ」で使用されていた485系を置き換える目的で、E657系の台頭で余剰となっていた勝田電車区のE653系を改造した車両がE653系1000番台である。それまでが編成ごとに異なっている塗装であったが、こちらは「日本海に沈む夕日」「実る稲穂」をイメージした塗装に統一され、クリーム・オレンジの2色をベースに波と太陽をイメージしたカラーリングとなった。また、従来の線区より寒冷な線区を走行するため、スカートが強化型のものに換装され、スノープラウも増設されている。尚、E653系自体は元々他線区への転用を見越し耐寒耐雪構造で製造されていることもあり、これ以外の車体・機器面においてはグリーン車への改座等を除いて大きな改造は施されていない。編成は勝田区の基本編成時代と同じく7連を組成しており、普通車の車内はリクライニングシートが910mmピッチで展開し、モケットは青系の新しいものに交換されているものの、基本的な内装は従来と同一となっている。他方秋田方の先頭車両は、改造によりE653系では初の設定となるグリーン車となったが、窓割に合わせて座席を配置した結果、3列座席かつシートピッチ1820mmと非常に広いものになり、各座席にパーテーションを設置。更に車端部にミニラウンジを設けるという、近年まれにみる豪華な仕様の内装となった(座席定員は18名と、他の車両の全室グリーン車よりも少ない)。1000番台は2014年までに7連8本の陣容となったが、このうち1本はE653系で唯一2005年に製造された4連のK354編成に、7連を組んでいたK308編成の中間車3両(1998年製)を繋ぎ、新たに7連を組成している。2013年9月より特急「いなほ」で営業運転を開始し、現在は「いなほ」及び快速「らくらくトレイン村上」の全列車が同番台の充当となっている。尚、従来の485系に代わって波動輸送にも充当されるようになり、新潟地区における臨時快速や、新潟地区を拠点としたTDR臨にも使用される機会があり、その際は古巣と言える関東地区でもその姿を見ることができる。なお、2017年より塗装の単色化が始まっている他、1本は国鉄特急色に近い色に塗り替えられ、元いた勝田車両センターに戻っている。

 2015,07,26 新 潟


■Variation
 2017年より塗装変更が開始されたE653系1000番台。それまでの塗装とは大きく変わり、「はまなす」をイメージした「ハマナス色」(マゼンタ)あるいは海をイメージした瑠璃色の単色塗装となっている。

 2018,01,28 新 潟
 2018年には1本が国鉄特急色に準じたクリームと赤の塗装に塗り替えられ、勝田車両センターに転属された。内装は新潟時代から変更されていないため原番号への復元はされていない。651系に代わり臨時列車や団体列車に用いられる。

 2019,04,21 新前橋運輸区