TX-2000系
トップページ鉄道写真図鑑首都圏新都市鉄道>TX-2000系
 2003年に量産先行車、2004年に量産車が登場。JRE501系に次ぐ2例目の交直流通勤型車両である。4M2Tの6両編成を組成するが、将来の8連化に備えた設計となっている。TX-1000系に準ずる点も多いが、同車と異なりこちらは日立製作所製で、車体は日立製作所特有の「A-train」を採用しており、電装品も同社製のものを使用している。尚、銘板は赤色である。交直流車両であるためパンタグラフ周りには機器が多く配置されており、現在1編成中には2基パンタグラフを搭載した車両が2両存在する。車内はロングシートを中心としながらも、3・4両目はセミクロスシートとなっている。また、無線LANが車内で使用可能であり、無線LANが使用できるようボックスシートの通路側にはパソコンが置けるほどのテーブルが設けられた。開業時に製造された車両以外にも輸送力増強に伴って増備が断続的に続いており、2012年現在は6連23本の138両が在籍。秋葉原〜つくば間の全区間運用を中心に主力車両として活躍している。なお、現在はボックスシートのロングシート化が進んでいる他、2018年からは車体修繕が開始されている。

 2008,10,13 八 潮


■Variation
 一部編成にはヘッドマークステーが取り付けられており、行事・催し物などがある度にヘッドマークが取り付けれる。

 2007,06,02 流山おおたかの森
 ダイヤ改正に伴う増発用に投入された増備車。前面と側面にオレンジ色のラインが配されており、在来車とは区別されている。車内では座席が仕様変更されており、より掛け心地がよいものとなっている。尚、2012年に製造されたグループは外観は変わらないが車内照明がLED灯に変更された他、ドア上に赤いランプが新設される等いくつかの仕様変更が生じている。

 2008,10,13 八 潮
 製造から10年以上がたち、2018年より車体修繕が開始されたTX-2000系。TX-1000系同様、化粧板や座席の交換などがなされており、外観上は表示器がフルカラーLEDとなっている点が差異となっている。

 2019,04,28 守 谷