キハ40形
トップページ鉄道写真図鑑道南いさりび鉄道>キハ40形
 2016年3月の道南いさりび鉄道への経営移管に際し、JR北海道より譲渡を受けたものである。同社に在籍していたキハ40形のうち、エンジン換装等の延命更新がなされた1700番台9両が譲渡された。JR時代に更新工事を施工されていることもあり、大半の車両が内外装を含めほぼ無改造となっているが、会社銘板のみ全車とも「道南いさり火鉄道」と表記されたものに変わっている。この銘板は全て紺色に塗装されており、外観上のアクセントとなっているともいえる。2両のみ塗装が紺色を基調としたものに大幅に改められており、地域情報発信列車「ながまれ号」という愛称がついた。「ながまれ号」は外装の変更のみならず、車内もモケットの張り替えやヘッドレストの設置、座席間には道南杉を用いた大型テーブルを設ける等の簡易改造がなされている。ただしヘッドレストやテーブルは着脱可能となっており、通常の運用に用いられる際は外される。「ながまれ号」となった2両を含め、経営移管当初から9両全てが運用を開始しており、1両〜3両の編成を組み運用に就いている。なお、2016年7月より「ながまれ号」以外の車両も塗装変更が始まっているが、将来的には全車とも異なる塗装となることが予定されている。

 2016,05,05 五稜郭


■Variation
 キハ40-1793号車とキハ40-1799号車の2両は地域情報発信列車「ながまれ号」となり、外装は沿線の夜をイメージした紺色をベースに、車体下部に「函館山のシルエット」「函館市の街並み」「津軽海峡にきらめく漁火」、上部に「スターダスト」をモチーフにしたイラストが描かれている。この「ながまれ」は、「ゆっくりして」「のんびりして」という意味の道南の方言ということである。平常時は他社と共通で運用されており、3連を組んだ際に中間に組み込まれることもあるが、観光列車として用いられる場合は限定使用される。同車両を用いた観光列車プランは日本旅行がプロデュースしており、「ながまれ海峡号」という愛称がつけられた。日本旅行の旅行商品「赤い風船」で取り扱われており、同列車の車内や道中では地元産の食材を多用した料理やスイーツ等を味わうことができる。

 2016,05,05 函 館
2016/09/18