5500系
トップページ鉄道写真図鑑阪神電鉄>5500系
 1995年登場。5261・5311形など1960年代に製造された普通電車用車両「ジェットカー」の置き換え用に製造された普通電車用の車両である。元々先述の旧型車両の置き換えを目的に計画されていた車両ではあったが、初期の車両は阪神・淡路大震災による車両不足を補うため、急遽前倒しして製造されたという経緯をもつ。車体及び車内は8000系の後期車両に準じており、従来と同じく普通鋼製(一部ステンレス鋼も採用)であるが、塗装は従来のものをベースとしながらも、「アレグロブルー」と呼ばれる明るい青色を基調とした新色となり、従来のジェットカーとのイメージチェンジが図られている。9300系や5550系等、以後新製及び改造された車両はこの塗装パターンがベースとなっており、その礎を築いたと言う事もできる。車内はバケットタイプのロングシートとなっており、車内案内表示器やドアチャイム、車椅子スペース等の採用もあってサービス面ではそれまでのジェットカーに比べて格段に向上している。一方新機軸も多く採用されており、ドアブザーやボルスタレス台車、更にTDカルダン駆動方式などがこれにあたる。制御方式は阪神で初めてGTO-VVVFインバーター制御方式が採用されたが、「ジェットカー」の特徴である高加減速を重視するために全電動車となっている点が特徴となっている。5500系は現在までに4連9本の36両が製造されており、ジェットカーでは最も車両数の多い形式に成長した。阪神本線の普通電車では主力車両の一翼となっており、近年では旧西大阪線の運用からは撤退したものの、代わりに阪神線のみならず山陽電鉄の東須磨にも顔を出すようになっている(ただし現在は乗り入れていない)。なお、武庫川線に在籍する既存車両の置き換えを目的に、5500系を種車とした武庫川線専用車両が2020年に投入されることになっている。

 2008,03,13 大 物


■Variation
 2017年になり、リニューアル工事の開始された5500系。施行車は塗装が大幅に変更されている他、行き先表示器のフルカラーLED化、前照灯のLED化、側扉への半自動開閉ボタン設置、車内への液晶表示器の設置など、内外装ともに5700系にあわせた大掛かりな改造がなされた。なお、制御装置は従来のままであり、試運転時には未リニューアル車との混結も見ることができた。

 2018,01,01 大 物
2020/02/24