880形
トップページ鉄道写真図鑑福井鉄道>880形
関連リンク名鉄モ880形
 2006年登場。前年3月限りで廃線となった名鉄600V区間より譲渡を受けた車両の1つである。譲渡に対しては他の2形式に比べて大規模な改造が施されている。具体的には鉄道線における高速走行に適応するべく弱め界磁の取り付けや歯車比の変更、更に複電圧機器の撤去などが挙げられる。また、パンタグラフも交換されてシングルアームパンタグラフに取り替えられ、更に塗装もそれまでのスカーレットから福井鉄道独自の塗装に変更されている。尚、車内に関しては特別大きな変化はなく、独特のロングシートや鍵穴状の貫通路なども健在である。もともと揖斐線にて高速運転を行っており更に電圧も600V専用であった770形に比べて本形式は改造が遅れ、全編成が福井に移籍したのは低床車への置き換え直前となる2006年3月のことであった。他形式より若干遅れて営業運転を開始するも初期故障が多発し一旦運用を離脱。修繕を加えた上で再び営業運転に就くこととなった。現在はモ770形共々主力車両として活躍している。因みに770形と異なり、こちらはえちぜん鉄道への直通運用には充当されない。

 2009,03,13 武生新